自動車,保険 自動車,保険

夏バテの天敵!冷房病対策

ページのトップへ▲

温度差が夏バテの最大の原因

外の灼熱地獄から部屋に入ってくると、クーラーが効いていてとっても快適!

助かった気分ですね。

でも、この部屋の外と中との温度差が一番夏バテになりやすいんです!

暑い外にいる間は、人間の体は体温を一定に保つために、血管を開き、汗をいっぱいかきます。ところが、 この状態で急に涼しい室内に入った場合、体を「涼しいモード」に変えなければなりません。そのとき、自律神経が一生懸命働くのですが、 これが何度も続くと、自律神経も疲れてきて、やがては正常に機能しなくなります。

これが夏バテの大きな原因と言われています。

なので、部屋の冷やしすぎは夏バテの最大の原因なのです。

  • 夏の快適温度は25度
  • 外との温度差を5度以内
  • 外が40度近くあり、5度以内に収めるととても暑くて過ごせない場合は、中に長くいる人が快適に過ごせる程度の温度にしましょう。
ページのトップへ▲

男性と女性では冷房の効きが違う

同じ温度の部屋にいても、一般に男性と女性とでは、冷房の効きが違うことが多いです。

理由は、女性は一般的に男性より筋肉が1割程度少ないため、熱をつくる量が少なくなってしまうからです。

また、男性はスーツや長袖のシャツを着ていることが多いのに対し、女性は半そでにスカートなど薄着であることが多いのも原因ですね。

スーツを着ている男性の快適温度は20度であるのに対して、女性にとっては28度が快適。なんと8度も違うんです。

男性は半袖や麻のシャツを着て、なるべく涼しくし、女性はひざかけや上着を用意して、冷房病対策をするなど、お互いの気遣いが必要ですね。

ページのトップへ▲

除湿がポイント!

ハワイやアメリカ西海岸の暑さはそれほどでもないのに、日本の夏はなぜ体力が奪われるのでしょうか?

それは、湿度が高いからです。

湿度が高いと汗が乾かないので、体から気化熱が奪われず、体温調節がしにくいのです。

暑さ対策にはクーラーで温度を下げるのではなく、湿度を下げることが大切になってきます。湿度が40から50%程度になれば、 かなり快適になってきます。

ページのトップへ▲

クーラーに頼らない工夫を!

部屋の中を涼しくするのはクーラーだけではありません。いろんな手で日本的な「涼」をもとめて、 クーラーに頼らないようにしてはいかがでしょうか。

  • 夕方涼しくなったら窓をあけてみる
  • 窓を開けるときは、風が通りやすいように反対側の窓も開ける
  • 日よけにすだれや風鈴をつけてみる
  • インテリアを青を基調とした涼しい色に変えてみる
  • 冷たいおしぼりを冷蔵庫に常備しておく
  • 打ち水をしてみる