夏バテ,夏ばて,サプリメント,栄養,食べ物,スタミナ,ビタミン,健康,クエン酸, 夏バテ,夏ばて,サプリメント,栄養,食べ物,スタミナ,ビタミン,健康,クエン酸

熱帯夜にぐっすり寝る方法

このページでは、夏バテ(夏ばて)対策に最も効果のある、暑い夏の夜の睡眠について解説しています。

目次

寝室の冷房法

夏バテは、要すれば暑い夏に体力が奪われている状態です。

ですので、睡眠は夏バテによって失った体力を回復する最もてっとり早い方法といえます。

ただ、暑い夏にはなかなか寝付きが悪いのも事実です。

そこで大切なのが、寝室を快適な温度にすることです。

暑い熱帯夜にはとてもクーラーなしでは寝れませんが、睡眠中は体温が下がってしまうので、クーラーをつけっぱなしでは、 今度は寒くなってしまいます。

ですので、寝る前に部屋を冷やしておき、眠るときにはクーラーを切るとかタイマーオフにしておくのがいいでしょう。 寝るときの温度は28度ぐらいが最適です。

絶対にやってはいけないのは、 直接風を体に当てること

直接クーラーの風が体に当たると表面の熱が奪われ続けることになり、体は体温を保つために、 寝てる間中フル回転をさせられることになります。これでは寝たことの意味がなくなり、かえって体を疲れさせてしまいます。

クーラーの風向きは上向きにしましょう。

ぐっすり寝るための工夫

クーラーだけに頼るのではなく、他の手段も使って、なるべく涼しく寝れば、真夏日の夜でも体を冷やさずに、ぐっすり寝ることができます。

  • 除湿をしましょう。
    湿度が下がれば同じ温度でも涼しくなります。除湿をすると室温を下げてしまう冷房の場合は、布団や長袖長ズポンで寝るなどの工夫をしましょう。
  • 寝る前に入浴をしましょう。
    普段なかなか運動ができない人の場合、寝れないことがあります。人間の体は、一度暖まると眠くなります。ですので、 寝る前に入浴をすると寝やすくなります。入浴すると汗が出て気持ち悪くなるという人は、 半身浴で汗をたくさんかいてしまう前に出るのがいいでしょう。
  • 軽い運動をしましょう。
    入浴と同じで人間の体は温まると眠くなる構造になっています。運動をして体を温めると寝やすくなります。また、 運動により汗で筋肉の中の乳酸などの疲労物質も排出できて血流もよくなり、胃腸も働くようになります。エアコンの効いた部屋での運動は、 かいた汗がどんどん蒸発するので快適です。
  • 寝ゴザや竹シーツを使おう。
    寝ゴザや竹シーツは体と布団の密着面積を減らして体感温度を下げます。

ぐっすり寝るための必須アイテム

クーラーに頼らずともぐっすり寝ることは可能です。

その必須として最近注目されているアイテムがひんやりシートです

冷蔵庫などで冷やすことなどもする必要なく、そのまま置くだけで、眠るまでひんやり感を保ってくれる優れものです。クーラーをつけずに寝れることを考えると体にも地球にも優しい上に、財布にもやさしいですね。クーラーは一時間付けると部屋の広さや設定温度、クーラーの性能に拠りますが、約20円ほどかかります。一日寝る前2時間付けて三ヶ月使えば、

20円×2時間×90日=3,600円

となります。

ひんやりマットなら、6,000円前後なので二年も使えば十分に元が取れちゃいますね。お得で健康にもエコにもいいひんやりマットがおススメですね。

おススメのひんやりマットはこちら↓から。

ひんやりジェルシート 90X90cm

ひんやりジェルシート 90X90
cm

¥6,279(税込)

ジェルが頭や身体の熱をぐんぐん吸収・放散!冷蔵庫・冷凍庫などでの冷却不要!布団の上に敷くだけの簡単冷却シートです♪大きさもシングルサイズにぴったりな90×90cm♪寝苦しい夜に大活躍のジェルシートです☆彡…

拡大画像を見る

夏バテの原因

夏バテの症状