夏バテ,夏ばて,サプリメント,栄養,食べ物,スタミナ,ビタミン,健康,クエン酸, 夏バテ,夏ばて,サプリメント,栄養,食べ物,スタミナ,ビタミン,健康,クエン酸

夏バテを防止・解消する対策

このページでは、夏バテ(夏ばて)を防止・解消するための食べ物や栄養の摂り方、冷房のかけかた、睡眠のとり方など夏バテ(夏ばて)を防止・解消するための対策を紹介しています。

目次

夏バテを防止・解消する対策

夏バテ(夏ばて)を防止・解消する対策はどうすればいいのでしょうか?

夏バテの原因・要因が、

  • 自律神経の失調
  • 水分不足
  • 胃腸の働きの低下

であることを考えると、以下の4つの方法が夏バテ防止・解消の対策・予防法と考えられます。

  • しっかりと食べる
  • 水分を補給する
  • 冷房の効きすぎに備える
  • しっかりと寝る

しっかりと食べる

夏は暑さで汗をたくさんかきます。その汗によって、多くのビタミンやミネラルが体から失われます。

ビタミンやミネラルをきっちり補給しないと、ますます体力が落ちていき、やがては「夏バテ」となってしまいます。

ですので、その解消法は、夏にはしっかり食べて、スタミナをつけることです。特に、ビタミンやミネラルを補給する必要があります。

中でも、ビタミンB1とクエン酸、最近ではナイアシンなども必要といわれています。

「そんなこと言われても、食欲がないから食べられないんじゃん!」

そのとおり!

ですので、食事を採る際にも、食べるための工夫が必要です。

詳しい工夫の方法は↓のページをご覧下さい。

詳しい夏バテ防止・ 解消のための食材やメニューはこちらから
詳しい夏バテ防止・ 解消のためのサプリメントはこちらから

水分を補給する

暑い夏には汗として水分がどんどん失われていきます。

したがって、水分の補給が大切です。

普段からあまり水やお茶を飲まない人も意識して水分を取るようにしましょう。

ただ、単に水分を取ればいいというものではありません。

冷たいジュースやビールは、胃腸の働きを弱め、逆に夏ばてを促進してしまいます。

水分の取り方にも少し気をつけましょう。

詳しい夏バテ防止・ 解消のための水分補給の方法はこちらから

冷房の効きすぎに備える

暑い外からクーラーの効いた室内に入ることを何度も繰り返していると、自律神経がまいってしまい、めまいや食欲低下を招いてしまいます。

なるべく部屋の外と中の温度差が5度以下になるように部屋の温度を調節しましょう。また、調節ができない場合は、 着るもので調節する必要があります。

詳しい冷房・ クーラー対策はこちらから

しっかりと寝る

熱帯夜が続く暑い夏は寝不足になりがちです。

ですが、寝不足は体力不足を招き、確実に夏バテへの道を進ませてしまいます。

暑い夜でもぐっすりと寝るための工夫が必要です。

熱帯夜でもぐっすり寝るための工夫の詳しくはこちらから

夏バテの原因

夏バテの症状